information

林田健展「波切残景 act2」開催とオープニングのお知らせ

この度、林田健の展覧会を行うこととなりました。
2011年東日本大震災の年に8名の作家でつなぐ連続企画のスタート飾った作家です。
galerieHでの展覧会は4年ぶりです。
個展開催に伴い、ささやかですがお飲み物などを用意して作家とともにオープニングパーティを行います。
ご多用中とは存じますが、お誘いあわせの上お越しいただければ幸いです。
Profile:林田健

今回のテーマである「波切」は三重県志摩市にある漁村であり、絵描きの町として有名である。
古くから志摩の江戸と言われてきたようだが、現在は観光客や人口の減少により寂れ、廃屋も目立つ。時代を経過した風景を見るときに「過去から現在までの時間の経過の中に、現在から未来の風景を見ているのかも知れない」と心の中で思うことがある。
高度経済成長期などの頃に多く建てられた団地やトイレ、工場などに社会的状況を描いてきたが、今回は時代に取り残された町に焦点を当ててみた。
ナイフや筆を用い、強い色彩と鋭いタッチで描いた瞬間に「現実」の一端を感じてもらいたい。
ー林田健ー

【オープニングパーティ】
2015.3.1(sun)16:00~

林田健展「波切残景 act2」
展覧会期:2015.3.1(Sun)~3.14(Sat)
12:00~19:00(最終日は17:00まで)
月曜日休廊(休日の場合は翌日)3.2(Mon) 9(Mon)
作家在廊日:3.1(Mon) 7(Sat) 8(Sun) 14(Sat)

お問合せ:galerieH
東京都世田谷区太子堂1-15-12 セントラルビル2F
Tel:03-3795-0045(12:00-19:00)
mail:info@galerie-h.jp
website:http://galerie-h.jp/

内臓を曝す

This Post Has 0 Comments

Leave A Reply